仕事の悩み

人手不足で起こる甚大な問題点。しわ寄せを100%回避する方法

この記事のお悩み

  • うちは新入社員が少ない…
  • 常に人手不足で大変だ…
  • 仕事のしわ寄せが辛い…

少子高齢化と離職者の増加により、現代のサラリーマンはきっとこのような悩みを抱え、辛い思いをしているのではないでしょうか?

しかし実は、その実態を誰も解決しようとしないだけで、やる気になればそれほど難しい課題でもないのです

なぜなら私は上司をさておき、代表、役員に示談交渉し決定権を与えてもらい、業務を円滑にすることに成功した経験があるからです

もしも人手不足や仕事のしわ寄せに困っているのなら、ここでお伝えする人手不足で起こりうる問題点と解決策を読んでみてください

きっとあなたもこの悩みから解放されスッキリできると思います

人手不足で起こりうる問題点

では始めに、人手不足でしわ寄せが来た時に、起こりうる問題点をお話します

あなたの会社でも実際に起きている問題が含まれていると思います

これらの問題はとても重要で、人手不足を解消するには解決するほかありません

だからこそ社内で起きている問題点を抽出し、後に適した対策を練っていきましょう

人手不足で起こりうる問題点

  1. オーバーワーク
  2. 業務の兼任
  3. 休みが取れない、取りづらい
  4. 長時間労働
  5. 管理職が過酷な状況に追いやられる
  6. 組織の士気の低下
  7. 退職者が増えて状況が悪化する

オーバーワーク

人手不足なると、本来必要な人員の仕事を請け負うことになり、オーバーワークになる可能性があります

不慣れなことから管理がうまくいかず、残業を強いられたり、スキルが不十分であるといった問題が起こるのです

また、社員が1人でも休むものなら更に負担が増えますし、仕事が回らなくなる事態に直面します

オーバーワークで起こりうると

  • 業務過多
  • 残業、休日出勤
  • 知識不足
  • 給与問題(割が合わない)

業務が兼任

小さな会社であればあるほど、人手不足になるとより業務を兼任することになります

何かのプロとして1本でやっていくのは、今の世の中デメリットしかないので、兼任すること自体は良いことだと思います

しかし、コンビニやレストランなどの飲食店、小売業での人手不足は致命的です

なぜなら休むことができないので、別の仕事をしたくても暇はないし気持ちに余裕もありません

身近なところでは、自分が所属する部署の仕事を軸に、人手が足りていない別の部署、または関連会社へ行きサポートするスタイルが見受けられます

ですが、仕事を兼任しても給与が変わらず、仕事は増え残業が続くことで、過労で心身を病んでしまう人も少なくありません

休みが取れない、取りづらい

自分の代わりに仕事ができる人がいなくて、なかなか休みがとれない、といった経験は無いでしょうか?

  • シフトの希望を聞いてもらえず休めない
  • 有給の申請がめんどくさい
  • 休暇の取りづらい雰囲気がある

年に10日以上の有給休暇を取得している場合、5日取得する義務があるのに、企業によって有給に対する意識が違うことで、有給を取りづらい職場環境が存在します

職種によっては月に数日、もしくは全く休めない人もいて、週6連勤が日常になっていたりします

休みが取れず、過労で心身の不調が出たり、プライベートの時間も削られてしまうといった問題は絶えません

私は海外旅行が好きなので、年に1度休みを取って海外旅行をしていましたが、普通に会社から電話は来るし、時差を考えず毎日夜中に連絡する人もいて、休んだ気になれず旅行中すごくストレスでした

長時間労働を強いられる

業務量の多さや仕事の兼任もあって、必然的に長時間労働を強いられている会社は存在します

定時で帰れる日など無く、夜遅くまで残業している人もいて、日本人が働き過ぎだとか生産性が低いと言われる原因がここにあります

日常生活にも変化が起き、慢性的睡眠不足や食欲不振などにみまわれ、仕事にも大きな影響を及ぼしています

残業時間が80時間以上になると過労死ラインともいわれ、心身の健康を損ねたり過労死につながる可能性があるので、命に関わるといっても過言ではありません

管理職が過酷な状況に追いやられる

管理職の後継者不足により、特に中間管理職1人あたりの業務負担が重くなっていることを、よく耳にします

これは日本だけに限らず、中国でも管理職が転職したり独立していることで、企業が中抜き状態になっているのです

参考

中国の場合、平均月収が1.5万円(総人口の中間の所得)と言われ、いくら働いても儲からない仕事は辞める、会社を潰すということを平気でやれるのかもしれません

管理職には、それなりにスキルを求められる仕事があり、簡単に任せられる内容でもないため、残された人はその仕事を丸々背負うことになります

中間管理職であれば上司と部下の板挟みにあるため、普段の仕事に加えて部下のマネージメントや育成も行わなければならない立場です

上司からはチームの成果を求められたり、部下からは不満ををぶつけられたりと、両者からのプレッシャーにさらされます

これらのことから日々のストレスが重なり、心身共にボロボロになり、辞めていく人が後を絶たないのです

「仕事の拘束時間が長いと感じる」全ての責任は会社と”自分”にある

続きを見る

組織の士気が低下する

人手不足になると、目の前にある業務を処理することで精一杯になってしまい、楽しさや、やりがいを感じて仕事をすることができなくなります

淡々と業務を処理する毎日では、新たなことにチャレンジする気力も生まれず、集中力やモチベーションの低下も引き起こします

また、フレックスやテレワークが普及した今、更に会社の存在意義が問われるようになり、社員同士が顔を合わせないのが当たり前となってしまいました

どの企業もこの問題に直面し、働き方を試行錯誤する日々が続いていますが、少なくとも今は業績が低下し、会社全体の成長が停滞していることは間違いありません

退職者が増えて状況が悪化する

長時間労働やオーバーワーク、仕事のモチベーションの低下など、人手不足が引き起こした様々な問題によって退職を考える社員が増加しています

人手を集めようと思って募集をかけるにも、景気が悪かったり会社に余裕が無ければ求人にお金もかけれないので、なかなか良い人材が集まらず、人手不足を解消することが難しくなっています

つまり、「退職した人の枠がそのまま空いた状態が続くので、人手不足は解決できていないよね」ということなので、会社に残された人たちは大変な思いをする訳です

参考

海外では転職することは当たり前で、確かアメリカでは平均10回、多い人では20回も転職をしているようです

日本にもスカウト(ヘッドハンティングみたいなこと)の文化が定着すると、転職の意味合いが変わってくるかもしれません

人手不足で起こりうる問題点

  1. オーバーワーク
  2. 業務の兼任
  3. 休みが取れない、取りづらい
  4. 長時間労働
  5. 管理職が過酷な状況に追いやられる
  6. 組織の士気の低下
  7. 退職者が増えて状況が悪化する

人手不足、しわ寄せの解決策

ではここからは、人手不足によるしわ寄せの解決策を具体的に紹介していきます

「絶対にこれがいい!」というものはありませんが、人手不足の問題を解消するために、あなたの会社でも導入できることはあると思います

負担になっている仕事を減らさない限り苦しみ続けるだけなので、「自分を楽にすること」と「会社を楽にすること」の視点でお伝えしていきます

人手不足、しわ寄せの解決策

  1. 不要な業務の削減
  2. 中途採用を積極的に行う(知人を伝うと良い)
  3. アウトソーシングの投入
  4. 労働条件の改善(人が辞めない会社づくり)
  5. 人材育成の教育体制づくり
  6. 女性・シニア・障害者人材の積極活用
  7. ITによる業務の省力化
  8. 会社を辞める

不要な業務の削減

人手不足になると、残った人たちで業務を分担しますが、既に抱えている仕事量、キャパの問題などでオーバーワークになります

その時に「仕事が増えて大変」と捉えるか、「もっと楽な方法がないか」と捉えるかで大きく違います

例えば、顧客情報の管理を請け負った際に、既存のデータを見直し、分かり易く、管理しやすくするとします

具体的に何をするかと言うと、

  • FAX番号を削る
  • 管理番号を振る
  • 自動更新できるようにする

といった作業をクラウド上で行い、各顧客担当者が書き換えていきます

知らない情報を探って進めると時間の無駄なので、共有できることは率先して行うようにすれば、業務事態が早く進められるようになり、間違いも起こらなくなります

そして何より、自分が管理する必要がなくなり、仕事が減るのです

中途採用を積極的に行う

少子高齢化がどんどん進み、新卒採用で若い人材を集めるのが難しくなってきていますよね

そこで今注目されているのが、すでに就業経験のある人材を雇う中途採用を積極的に導入することです

中途採用は新卒と違い社会人経験を積んでいるため、研修や教育に余計な時間やお金をかけずに済むのが大きなメリット

さらにスキルやノウハウを持つキャリア人材であれば、即戦力として活かせるのが中途採用の強みです

しかしながら巧みに嘘をつくスキルを持った人もいるため、採用に至るまでの間に営業マンや人事部を通して人を見抜くことは必要になるかと思います

実際に私は採用担当に全てを任せ、中途採用を失敗した経緯があります

アウトソーシングの投入

膨大な業務量を自社で回しきれない場合、必要な労働力を補うために外部委託する「アウトソーシング」という方法もあります

かつてはExcelで表計算したり内職程度の簡単な仕事ばかりでしたが、フリーで活動する人材が豊富になったことにより、仕事の振り幅は大きく変わりました

アウトソーシング例

  • システムエンジニアなどの技術系商品開発
  • 医療機器のコンサルティング
  • SNSを使った商品、サービスの販促

専門職の場合は、高い専門性や高度な知識を持ったプロの方が存在し、自社の社員にやらせるよりも確実に業務品質が高く、スピディーに行ってくれるメリットがあります

新たな雇用を生むより確実に時間もコストもかからないのですが、ただひとつ注意したいのは、アウトソーシングには個人が多い分、「納期を守れない人が多い」という点があります

だから1人に委ねるのではなく、何人かに仕事を振り予めリスクを抑えておくとよいです

"クラウドソーシング比較オススメ13サイト"副業に適した仕事内容からシステムのまとめ

続きを見る

労働条件の改善(人が辞めない会社づくり)

単純に、これ以上辞める人が増えないよう、賃金や処遇、労働環境の改善をすすめる方法です

分かりきった内容かもしれませんが、

  • 給与のアップ
  • 成果型報酬
  • 有給消化の義務化
  • 残業手当
  • ポジションを与える

といった方法を会社が取り入れる、または提言していくことです

あるいはリモートワークの導入や副業の容認など、社員に働きやすさややりがいを柔軟に提供し、退職率を下げる方法もあります

とは言え社員が決めることではないので、今後の影響を社長さんなりに具体的に説明し、納得してもらうほかないでしょう

人材育成の教育体制づくり

せっかく人材を獲得できても、働きがいや自己成長を感じるような研修や教育体制が整っていなければ、仕事の成長が見込めずに辞めてしまう人が出るので、さらに人手不足に拍車をかけてしまいます

人材教育にも力を入れるべきですが、教育できる人材が少ない会社の場合、単純に研修に時間とお金をかけるやり方ではうまくいかないため工夫が必要です

例えば、ネットでどこでも受講可能なeラーニングの導入や、通信教育などを通して教育体制を拡充する方法もあります

さらに新入社員の仕事の不安解消のため、仕事で分からないところがあればすぐに質問できる体制を整えたり、仕事に慣れているベテランの社員を新人のそばに置くなどの対策も必要です

上司や先輩社員との情報共有のため、定期的な面談を行い評価のフィードバック、悩み相談を受け、両者が納得できるような状態を作っていくことも非常に大切ですね

女性・シニア・障害者人材の積極活用

人手不足を乗り切るために、新卒採用や中途採用の他、女性やシニア、障害者を積極的に採用する方法もあります

女性の場合、結婚や育児で一度仕事を離れた人、家事や育児と両立しながら仕事をしたい人がいます

定年を迎えた後も就労意欲のあるシニア層や、社会で活躍したい意思のある障害者も増えています

正社員という労働形態にとらわれず、パートや非正規雇用、ダブルワークの容認など各人の状況に合わせ、柔軟な働き方も認めていく必要も出てくるでしょう

シニア層であればPCなどの機械操作が苦手であったり、障害者ではできる仕事が限られるため、教育制度の充実やバリアフリーの設置など、労働環境の整備も重要ですね

実際にうつ病や総合失調症、障害を持った人などを支援する転職サイトがあります

実際に取材に伺ったゼネラルパートナーズという会社では、生徒さん達は楽しそうにカリキュラムを受けていました

社会復帰まで半年から1年ほど期間を設け、就職が決まった後もサポートし続けているそうです

支援型転職サイト

・atGPジョブトレ 統合失調症コース
統合失調症専門の就労移行支援
https://www.atgp.jp/training/course/togo/

・atGP 障害者転職サポート
障害者転職サポート実績業界No.1
https://www.atgp.jp/

ITによる業務の省力化

人の手だけでは仕事が回らない場合、インターネットやIOT、AIなどを利用して、業務効率や生産性をあげるのも1つの手です

事務処理やレジ打ちなどの単純作業から、データ分析、自動運転など、人がやらなくても良い仕事はたくさんあります

また、コロナでリモートワークやテレワークが普及したことで、「会社行かなくても回るよね」と感じた人も多いでしょう

目まぐるしく変化していく世の中についていくためにも、設備投資は必要不可欠な要素のひとつです

会社を辞める

もしも仕事がキツくなり耐えられない状況が続くようなら、会社を辞めるしかありません

年齢的に辞めるのが怖い、不景気だから再就職できるか不安、といった悩みはあるかもしれません

しかし会社とは、誰かが抜けても代わりはいくらでもいて、裏を返せば、どこでも働き口はあるということを意味します

仕事を辞めるのが怖いのなら、何か副業をして収入源を増やしてからでもいいです

実際に私も会社に所属しながら別の仕事をしていましたし、そもそも副業なんてずっと昔からあることで、例え会社がNGだとしても、辞める前提ならこっそり進めればいいと思います

これからも仕事が苦痛で、いつまでも耐え続けている景色を想像してみてください

会社に居続けるという選択肢は無いと思いますよ

辞める時のポイント

  • 副業を始める
  • 転職活動をする
  • 友人・知人に頼る ←これ大事です

人手不足、しわ寄せの解決策

  1. 不要な業務の削減
  2. 中途採用を積極的に行う(知人を伝うと良い)
  3. アウトソーシングの投入
  4. 労働条件の改善(人が辞めない会社づくり)
  5. 人材育成の教育体制づくり
  6. 女性・シニア・障害者人材の積極活用
  7. ITによる業務の省力化
  8. 会社を辞める

-仕事の悩み
-

© 2022 オトコのルール。