副業・ブログ

「文章が書けない…」を解決。AIによる文章の自動生成ツール『Catchy』

この記事のお悩み

  • 文章がうまく書けない…
  • 自分の語彙力の無さに呆れる…
  • 表現がいつも同じになってしまう…
  • 文章がスラスラ書けるようになりたい!

本記事ではこのようなお悩みを解決します。

ここでお伝えする、「Catchy」というAIによる文章の自動生成ツールを使うと、文章が書けなくて悩むことが一発で無くなります。

現に私はこのツールのおかげで、文章が全く書けない時期を乗り越えられ、今こうして執筆できるようになりました。

スランプを経験したことのあるライターなら、きっと喉から手が出るほど欲しい情報です。

では『Catchy』は具体的にどのような場面で役に立つのか、サービスを使うメリットと内容を詳しく解説します。



Catchyを使うメリット

ライター、ブロガーの人なら、1度は経験したことがある大きな悩み。

それは、「文章が書けない」ことです。

物書きを仕事としていて、文章が書けなくなるというのは、極めて辛く絶望的な悩みです。

しかし、その大きな問題を「Catchy」が解決してくれます。

まずはこのサービスを使うメリットをお伝えします。

Catchyを使うメリット

  1. 悩まず書けるようになる。
  2. 文章が読みやすくなる。
  3. 自分では想像できない表現ができる。
  4. 書く時間を短縮できる。
  5. 書けるジャンルが広がる。
  6. スランプの時に助かる。
  7. コスパが良い。

悩まず書けるようになる

1つ目は、何よりも悩まず書けるようになることです。

なぜなら基本的にCatchyは、短文を入力するだけで文章を生成してくれるからです。

例えば、「文章が書けない」と入力すると、次のような文が作られます。

文章が書けません。すみません、どうしても言葉が出てこないんです。何が悪いのかわからない。今までこんなことなかったのに。何も言うことが思いつきません。これはとても恥ずかしいことです。もうやめようかな。

「文章が書けない」と、たったこれだけの情報で、100文字程度の文章が出来上がりました。

それにまるで『書けずに悩む自分の心の声』のようです。

文章が読みやすくなる

2つ目は、文章が読みやすくなることです。

物書きをしてまだ間も無い人は、

「文章がうまく書けない…」
「長々と書いてしまう…」
「何が言いたいのか分からない…」

といった問題にぶつかります。

Catchyには短文、キーワードの入力だけで文章を生成する機能と、文章をリライトする(書き直す)機能があります。

「文章をうまくまとめたいな…」と悩んだ時に、作ったものをそのままコピペすれば、Catchyが校正も含め直してくれます。

自分では想像できない表現ができる

3つ目は、自分では想像できない表現ができることです。

知らず知らずのうちに、文章にはその人の色や癖が出るものです。

私自身、書いた文章を見返して、「あ、この表現さっきとかぶってるな」と気付き、手直しする。なんてことがよくあります。

もしもあなたが、

  • 少し変わった表現をしたい!
  • 視点を変えた文章を書きたい!
  • 流れに行き詰まってしまった!

と思った時には、Catchyにキーワードを投げてお任せしてみましょう。

「いつもと違う文章になっている」という感覚は、本人にしか分からないので、ぜひ試してみてください。

 

Catchyを見てみる

 

書く時間を短縮できる

4つ目は、書く時間を短縮できることです。

Catchyで文字を入力すると、一瞬で文章が生成されます。

つまり、『書く時間が要らない』ということです。

前述の短文「文章が書けない」は、100文字程度を一瞬で生成しています。

ほんとに一瞬です。5秒もかかりません。

あなたが100文字書くのに、どのくらい時間がかかっているか、少し想像してみてください。

一瞬で100文字入力するなんて不可能だと、すぐに理解できると思います。

書けるジャンルが広がる

5つ目は、書けるジャンルが広がることです。

文章を書いていると、自然と自分の考えが文字に表れ、主観が強くなってしまいます。

すると、得意な分野と苦手な分野が明確になり、何かに特化することはできても、何かにチャレンジすることができなくなります。

ひとつのことに特化するのは否定しませんが、オリジナリティを出すには別の何かが必要です。

そのきっかけ、スパイスを加えるには、自分の中には無い、第三者の客観的な視点が大きな影響を与えます。

人に助言を求めるのと同じく、分からない分野をCatchyに頼むのも、このサービスの使い方のひとつです。

スランプの時に助かる

6つ目は、スランプの時に助かるからです。

「モチベーションが上がらない…」
「書くことが思いつかない…」
「パソコンの前で手が止まる…」

プロ・アマ問わず、ライター業をしている人なら、このようなスランプを体験したことがありますよね。

私もこのスランプに何度も悩まされ、無理やり執筆をする日々が続いた経験があります。

スランプの時、良いものが書けません。中身もイマイチです。書いては消すを繰り返します。

時間だけが過ぎてしまい、結果に繋がらない苦しい状況です。

Catchyに出会った時はまさにスランプの時で、長い間ブログに携わっていませんでした。

リアルに助けられたからこそ、私はこのサービスの利用価値を高く評価しています。

コスパが良い

7つ目は、コスパが良いことです。

AIによる文章の自動生成サービスはいくつかあります。

しかし、

  1. 文章のクオリティ
  2. 生成速度
  3. サービス内容
  4. 利用料金

など全体的に見ると、Catchyに勝るサービスは今のところありません。

Catchyは100以上の生成ツールがあり、利用目的や内容にもよりますが、少なくとも月に最大10回無料で利用できます。

また有料サービスは¥3,000からとお手頃価格で、ブログなら5記事は余裕で書けます。

Catchyは無料で試せる点と、サブスクが安いところが強みであり、サービスの豊富さと文章生成のレベルの高さから、総合的にコスパが良いと判断できます。

Catchyの利用料
プラン名FreeプランStarterプランProプラン
利用回数10クレジット100/200/300クレジット無制限
利用料金0円3,000円/5,700円/8,100円月額9,800円

※最低1クレジットから文章を生成できます。

 

Catchyを見てみる

 

Catchyができること

自動生成ツールを使うと、文章を書くスピードが圧倒的に早くなり、「文書を書けない」という悩みが解消されます。

もはや、AIによる物書きを率先して取り入れるべきだと、私は思います。

Catchyを使った場合、代表的なサービスを挙げると次のようなことができます。

Catchyの主なサービス

  1. 短文入力でキャッチコピーが作れる。
  2. たったひと言で長い文章が作れる。
  3. 書いた文章をリライトしてくれる。
  4. アイデアを生成してくれる。
  5. 記事作成のワークフローができる。

 

短文入力でキャッチコピーが作れる

Catchyを使えば、もうキャッチコピーを考える必要はありません。

キャッチコピーを書くのが苦手な方でも、短文を入力するだけで、複数のキャッチコピーを生成してくれます。

例えば、

「Catchyは、文章が書けない人の悩みを解決してくれる最強ツールです。キャッチコピー、小説の書き出し、商品説明など、書きたい文章をAIが生成してくれます。」

と入れると、次のキャッチコピーが生成されました。

  • キャッチーは悩みを解決してくれる最強のツールです。
  • キャッチーでアイデアを出そう。
  • Catchyは、あなたの創造性を飛躍させるために役立つAIを提供します。
  • Catchyを使えば、文章を書くのが簡単になり、楽しくなります。
  • 注目を集め、メッセージを伝えるための究極のツール、Catchyであなたの文章をパワーアップしましょう。
  • 今日からCatchyを試してみてください!驚くほど多くのことが書けるようになります。

そのまま使えないものもありますが、キーワード、ニュアンス、文章の長さに違いがあるのは明らかです。

生成されたキャッチコピーの量は申し分ないかと思います。

たったひと言で長い文章が作れる

短文入力でキャッチコピーが作れるのに対し、キーワードを含めた1フレーズで長い文章を作ることもできます。

まさに、書くことが何も思いつかない時や、苦手なジャンルを書く時に便利なツールです。

冒頭の「文章が書けない」といった名詞+動詞だけの入力で、何でも文章を作ってしまいます。

例えば、「感情をコントロールできる」と入れた場合、

自分の感情は自分でコントロールできる。それは、ある感情を感じたときにそれを認識できるように脳を訓練し、その感情に基づいて行動するか、押しとどめるかを意識的に決めることです。例えば、怒りを感じているのなら、それをぶつけるか、深呼吸して落ち着くか、どちらかを選ぶことができます。自分の感情を認識し、それをコントロールすることが大切なのです。

 

「深追いしない人」の場合は、

成功する人は、深く掘り下げるべきときと、細部から離れるべきときがあることを理解しています。彼らは、細かいことに煩わされないようにすることで、全体像に集中し続けることができるのです。そうすることで、長期的な成功につながる健全なワークライフバランスを生み出すことができるのです。

少しまわりくどい感じがしますが、例え話もあるし、まるで人が書いたような文章です。

書いた文章をリライトしてくれる

プロの方、例えば作家さんに校正・校閲を頼むとお金がかかります。

そのため個人ブログの場合、ほとんどの人が自分でリライトをしますよね。

しかし、後で見返してみても、どうもしっくりこない。

こんな経験はありませんか?

Catchyは「リライト」の機能もあって、作った文章をコピペするだけでお直ししてくれます。

少しいじわるですが、先ほどの「深追いしない人」で生成した文章をリライトしてみると、以下のように、とてもスッキリと読みやすくなりました。

成功する人は、集中すべきときと、後退すべきときを理解しています。細部にとらわれず、全体像に集中することができるのです。そうすることで、長期的な成功につながる健全なワークライフバランスを生み出すことができるのです。

つまり、

  1. Catchyで文章を生成する。
  2. その文章をCatchyでリライトする。

この流れを組むと、完璧な文章を秒速で作ることができます。

これはかなり使える方法です。

 

Catchyを見てみる

 

アイデアを生成してくれる

新規事業やサービスを始めたい人は、アイデアを出してもらうこともできます。

ここでも試しに、以下のように事業内容を入れてみました。

新規事業のアイデア

仕事、恋愛、結婚、家庭における人間関係の悩みを解決するサービス。

Catchyが出してくれたアイデアは、

  • 人間関係の悩みを解決するためのオンラインサポートサービス。
  • 困っている人とカウンセラーを繋ぐアプリ。
  • 困っている人同士をつないでサポートするサービス。
  • 人間関係の悩みや解決策を相談できるWeb掲示板。
  • 気軽に会話しながら人間関係の悩みを解決できるアプリ。
  • 友人や家族とつながり、サポートやアドバイスを受けるためのモバイルアプリ。
  • 人間関係の悩みを解決したい人のためのオンラインフォーラム。
  • 人間関係のストレスを記録し、管理するためのウェブアプリ。
  • 人間関係の悩みを解決するためのオンラインコース。
  • 人間関係の悩みを解決してくれるオンラインサービス。

ご覧の通り、とても瞬時に思いつく量ではありません。

記事作成のワークフローができる

さいごに、Catchyは記事作成のワークフローができます。

キャッチーなタイトルや導入文、見出し、本文まで作成することができます。

しかし、タイトルや導入文を作成するにあたって、ある程度の情報量が必要で、それなりに文章を書かなければいけません。

それらを元に見出しを生成し、本文が作られる、といった流れです。

仕上がりのクオリティですが、そのまま記事としてあげれるかというと微妙なところです。

Catchyはやり方次第で十分使えます

本文で述べた通り、Catchyで生成した文章を、Catchyでリライトすれば、とても質の高い文章ができることが分かりました。

執筆前に様々なレビューを見てきましたが、物足りないという意見が多く、このことに触れている人はいませんでした。

このサービスで活用されているGPT-3は、高性能な自然言語処理システムなので、個人の体験談、経験といった個性は作れません。

それにAIには「思考」や「感情」が無いので、人間らしい喜怒哀楽を感じる言葉、生々しい表現はできません。

あくまでも文章を書くための補助ツールとして活かせば、Catchyは十分使えますよ。

 

最後におさらいCatchyを使うメリットをおさらいしましょう。

Catchyを使うメリット

  1. 悩まず書けるようになる。
  2. 文章が読みやすくなる。
  3. 自分では想像できない表現ができる。
  4. 書く時間を短縮できる。
  5. 書けるジャンルが広がる。
  6. スランプの時に助かる。
  7. コスパが良い。


-副業・ブログ
-, , , , ,

© 2022 オトコのルール。