人間関係

感謝の気持ちが仕事において重要な理由は?上手く伝える方法を伝授します

この記事でわかること

  • 感謝の気持ちを持つことが仕事において重要な理由
  • 感謝の気持ちを伝える方法

「仕事で感謝の気持ちを伝えられていない気がする…」

「感謝の気持ちを相手に伝える方法が知りたい…」

心の中では感謝していても、それを言葉や態度で表せていない方は多いのではないでしょうか

感謝を伝えることによって良好な人間関係を築き、仕事をスムーズに進めることができます

ここでは感謝の気持ちを持つことが仕事において重要な理由と、感謝の気持ちを伝える方法をご紹介します

ポイント

感謝の気持ちを伝えて、働きやすい職場を作っていきましょう!

感謝の気持ちを持つことが仕事において重要な理由

まずは感謝の気持ちを持つことが仕事において重要な理由を見ていきます

感謝が大切なことであるのはわかっていても、具体的にどのようなメリットがあるのかまではわからない方は多いと思います

自分自身に当てはめて考えてみましょう

感謝の気持ちが重要な理由

  1. 人間関係が良くなり業務を円滑に進められる
  2. 相手の長所に気付くことができる
  3. モチベーションが上がり生産性がアップする
  4. 信頼関係を築くことができる
  5. 自分を客観視することができる
  6. ポジティブな感情をキープすることができる
  7. 「支えられている」という実感を高めることができる

人間関係が良くなり業務を円滑に進められる

1つ目は、人間関係が良くなり業務を円滑に進められるからです

仕事において感謝の気持ちを持つことの一番のメリットは、業務を円滑に進められることでしょう

どんなに複雑で高度な仕事であっても、人と人の関係が根本にあり、人間関係が良好であれば仕事が円滑に進みますし、反対に人間関係が悪ければ仕事そのものも停滞していまいがちです

人間関係を良好にするには「小さなことでも感謝の気持ちを忘れない」という意識が必要なのです

相手の長所に気付くことができる

2つ目は、相手の長所に気付くことができるからです

感謝の気持ちがあると、相手の長所に気づき、相手の価値を認めることができます

つまりこれは心に余裕があることを示していて、イライラする機会が減ったり、仕事のやりとりがうまくいくなど、他の部分にもプラスになります

このことから他人より見習う姿勢がつき、同じく自分自身の価値を高められます

「ありがとう」という気持ちがあるだけで、周りがよく見えるようになる、という訳です

モチベーションが上がり生産性がアップする

3つ目は、モチベーションが上がり生産性がアップするからです

感謝の気持ちを持ち接すると、自分のしている仕事が役立っている、誰かに喜ばれていると感じる機会があります

ただ一言「助かりました」「ありがとうございます」を加えるだけで、相手も自分を助けてくれたり、気持ちを込めて仕事をしてくれるようになるのです

それにより仕事に対するモチベーションは格段に上がり、生産性が高まるとい好循環を得られます

1人では成し遂げられない大きな仕事も、気持ちを伝えるだけで手を差し伸べてくれる人が増えるのです

信頼関係を築くことができる

4つ目は、信頼関係を築くことができるからです

規模の大きい案件や多くの収益を生むビジネスは、往々にしてパートナーとの確固たる信頼関係に基づいています

その信頼関係を築くきっかけになるのは、感謝の気持ちです

感謝の気持ちを持ってビジネスパートナーと接するようにすれば、お互いに尊敬し、時にはぶつかり合える理想的な関係を築けるでしょう

自分を客観視することができる

5つ目は、自分を客観視することができるからです

仕事で忙しかったり人間関係がうまくいっていないと、つい自己中心的になってしまい、相手の気持ちを忘れてしまう瞬間はないでしょうか

そんなときは感謝の気持ちを思い出すことで、自分本位な考えと距離を置くことができます

相手のことを考える意識があると、物事を別の角度から見れるようになり、自分の感情もうまくコントロールできるようになる

つまり自分を客観視できるようになると、誰かの行動や感情に振り回されることがなくなるのです

ポジティブな感情をキープすることができる

6つ目は、ポジティブな感情をキープすることができるからです

「ああすればよかった」「こうすればよかった」と、過去にした出来事に対する後悔のせいで、前向きに行動しようとする気持ちを抑えてしまってはいないでしょうか

そんなときに大切なのが、誰かに対して感謝をするというポジティブな感情、そして気持ちです

感謝の気持ちを伝えるということは、その人の良いところを見つけるという前向きな姿勢に繋がります

繰り返すことでポジティブな感情への意識が高まり、その状態をキープできるようになると、きっと仕事が楽しくなるでしょう

「支えられている」という実感を高めることができる

7つ目は、「支えられている」という実感を高めることができるからです

「仕事をくれるのは普通でしょ」

「自分をサポートしてくれるのは当たり前のこと」

このような気持ちで仕事をしていては、感謝の気持ちは育つどころか、何も気付かぬまま人も仕事も離れていくでしょう

当たり前のことが当たり前ではなくなった時、人は初めて周りの人たちに支えられていることに気付きます

もし今の状況がよくない方向に進んでいると感じたら、どこかに感謝に気持ちが足りていない証拠だと思うようにしましょう


感謝の気持ちが重要な理由

  1. 人間関係が良くなり業務を円滑に進められる
  2. 相手の長所に気付くことができる
  3. モチベーションが上がり生産性がアップする
  4. 信頼関係を築くことができる
  5. 自分を客観視することができる
  6. ポジティブな感情をキープすることができる
  7. 「支えられている」という実感を高めることができる

感謝の気持ちを持つことは、仕事において多くのメリットがあることがわかりました

ではその気持ちをどのようにして相手に伝えられるのでしょうか

次の「感謝の気持ちを伝える方法」を見ていきましょう

感謝の気持ちを伝える方法

言葉や表情だけが感謝の気持ちを伝える方法ではありません

相手を思いやる行動に対して、あなたの気持ちが表れているのです

ここからは感謝の気持ちを伝える方法をご紹介します

感謝の気持ちを伝える方法

  1. 「ありがとう」と言葉で伝える
  2. ギフトカードや付箋を用いてメッセージで伝える
  3. ささやかなプレゼントを贈る
  4. 相手が困っている時に仕事を手伝う
  5. 食事に誘ってご馳走する

「ありがとう」と言葉で伝える

1つ目は、「ありがとう」と言葉で伝えることです

お世話になったお礼の気持ちを本人にしっかり伝えた上で、共通の友人や知人にも「あの時、〇〇さんに助けていただいた」「お世話になった」と話題にします

するとその人の印象は良くなり、周りに自然と評判が伝わっていきます

自分に対して陰で感謝していたことを知ると、その人はあなたの気持ちに嬉しく思い、人間関係はより円滑になります

感謝の気持ちを伝えるときには、素直で身の丈に合ったシンプルな言葉が基本です

そして必ず、以下の3つのポイントを伝えるようにしましょう

「ありがとう」を伝えるポイント

・お礼の言葉「ありがとうございます」「ありがとう」

・相手の具体的な行動「〇〇をして下さって」「〇〇のおかげで」

・自分がどのようにうれしかったのか? 「難題を解決でき安堵した」「前向きに考えられるようになった」

「ありがとう」を期待して行動する人はいませんが、感謝されると嬉しいし、もっと役に立ちたいと思うものです

特にビジネスの場での人間関係においては、「感謝をきちんと伝える」のは大切なことです

ギフトカードや付箋を用いてメッセージで伝える

2つ目は、ギフトカードや付箋を用いてメッセージで伝えることです

感謝の気持ちを口に出して伝えるのが苦手な人は、まずメッセージで伝えるところから始めてみてはいかがでしょうか

「口下手なため、言葉で表現するのが難しい…」

そんな恥ずかしがり屋な性格の人でも、文字にすると心に秘められた思いを表現しやすくなります

また、文章なら書き直しがきくので、自分の気持ちを整理しながら伝えられます

感謝の気持ちを文字で表現する際のポイントは、飾った言葉より自分の素直な気持ちを分かりやすく伝えること

エピソードや相手の何に感謝しているのかをしっかり書いてみましょう

ささやかなプレゼントを贈る

3つ目は、ささやかなプレゼントを贈ることです

ささやかなプレゼントを贈るのも、感謝の気持ちを伝える有効的な方法です

相手のことを考えて、プレゼントを選んでいると自分にとっても楽しい時間になります

見える形で感謝の気持ちを伝えられるのは、プレゼントの大きなメリットといえるでしょう

またメッセージも添えられると、より感謝の気持ちが伝わります

相手が困っている時に仕事を手伝う

4つ目は、相手が困っている時に仕事を手伝うことです

相手が困っている時に仕事を手伝うことも、感謝を伝える方法になります

もし自分が困っている時に手伝ってくれると嬉しいですよね

困っていたら時間を作って教えてあげる、残業している部下を手伝う他、困っている時に寄り添って悩むなど、気にかけてもらうだけで嬉しいこともあります

特に職場の人はプライベートの関係とは異なるため、相手との距離感や感謝の伝え方に悩む人も多いのですが、仕事の成果や対応にただ「ありがとう」と伝えれば良いのです

食事に誘ってご馳走する

5つ目は、食事に誘ってご馳走することです

最後は、思い切って食事に誘ってみるのも1つの手です

食事の時間を共有すると互いの距離は縮まり、感謝の気持ちを伝えやすくなるでしょう

食事に誘ってもらえて、さらにはご馳走になったという事実は、相手にとっても記憶に残る有効な方法

また少しお酒が入った方が、言いたいことも言えて、その後の関係性もプラスになるでしょう


感謝の気持ちを伝える方法

  1. 「ありがとう」と言葉で伝える
  2. ギフトカードや付箋を用いてメッセージで伝える
  3. ささやかなプレゼントを贈る
  4. 相手が困っている時に仕事を手伝う
  5. 食事に誘ってご馳走する

以上、感謝の気持ちを伝える方法をまとめてみました

感謝とは、自分を明るく前向きにするだけでなく、周りにも良い影響を与えます

仕事や人間関係で悩んでいる時ほど、感謝の気持ちを持つことを忘れないでください

-人間関係
-, ,

© 2022 オトコのルール。