対異性

ブスとか簡単に言うけど、誰にだってかわいいところは1,000%ある

私はブスって言うのをやめました

 

この「ブス」という言葉は、人を傷つけてしまい、言った本人は何とも思わない、「殺人ワード」だからです

ブスという言葉をやめる代わりに、私はあることを始めました

かわいいところを見つける、ということです

『ブスのどこがかわいいんだよ』

『ブスはブスなんだからある訳ないだろ』

気持ちは十分わかりますが、誰だってかわいいところはあります

断言します、100%、いや1,000%あります

ブスには条件があるので、まずはそれから話して行きましょう

 

ブスの定義は2つ。外見と中身。

こんなこと言いたくはありませんが、ブスと判断される条件はたった2つ

外見、もしくは中身。

そしてそのほとんどが外見に値します

容姿がよくない、顔色が悪い、清潔感がない、服装がダサい

外見のブスってこんなもんでしょう

反対に中身のブスは、

口が悪い、裏口をたたく、酒癖が悪い、人を舐めてかかる、上からモノを言う

などなど、どちらかと言うと中身のブスの方がたくさん出てきます

 

外見のブスはかわいくすることができる。中身のブスは簡単にはかわいくできない。

容姿や清潔感、服装など、外見のブスは案外簡単にかわいくできます

美容室へ行って、良い匂いのするコスメを買って、安くても良いから綺麗な服を着ればいい

容姿だって肌を綺麗にして、運動してシェイプアップすれば、以前よりは確実にかわいくなるはずです

中身のブスはというと、長年蓄積されたものですから、そう簡単には変えることができません

よく彼氏が出来たらかわいくなった、性格が丸くなったといいますが、私はそんなコロッと変わる人は、ただ一時的に猫をかぶっているだけで、時間が経てば元に戻るんじゃないかと怖くなります

でも中身や性格が悪いのはブスとは思っていなくて、どこかにかわいいポイントは必ずあると、常に探っているのです

 

私が可愛いと思うポイントを挙げる(キリがないけど)

では、私が思う外見と中身のかわいいポイントをいくつか挙げてみます

外見のブス

左目の二重、スッと伸びた鼻筋、団子っパナ、横から見たあご、目尻のシワ、やわらかそうなほっぺ、小さい耳

中身のブス

口癖、苦手なものに近寄れない、末端のビビり、1人の時の弱々しい場面、普段は呼び捨てなのに頼りたい時に使う「〇〇君」

思いついたものをサッと書いてみましたが、私がかわいいと思うポイントってこんな感じ

もしかしたら読んでいただいているあなたも、どれか当てはまるのではないでしょうか

 

周りがブスというから合わせる、なんてことはやめよう。

さて、かわいいと感じるポイントが見えてきたら、もうブスというのはやめましょう

きっと周りにいる人が、変わらずブスと発言するかと思いますが、そこは合わせずに「そうかな?」と言ってほしいです

「でもさ、目がかわいくない?」

「表情固いけど、たまに笑うから余計かわいいじゃん」

こんなこと急に言ったら、えっ…て思われるかもしれませんが、何か文句でもあるの?ぐらい、堂々としてみましょう

 

知らないだけで、あなたもブスの1人。マジで勘違いしている。

それにあなただって、実はブスって思われているかもしれません

あなたが誰かを噂するのなら、誰かもあなたの噂をしている

それが良い噂とは限りませんし、最低、めんどくさい、ウザい、などと思われている可能性だってある

自分は問題ない、かっこいいし人気だってある、なんて自信ほど、どれだけダサいことか

勘違いするやつってブサイクのひとつですからね

 

まとめ

男って理論的に考える反面、とても単純な生き物なので、異性に対してかわいいと感じる場面が腐るほどあります

そして女性は感受性豊かで直感が働くから、もしこちらがかわいいって思ったら、大体気づいていると思います

だからブスと言わなくてもきっとわかっているし、傷付いていると思うから、もう言うのをやめましょう

その代わりに、かわいいところを探して

よく観察するとほんとめちゃくちゃ多いんで、ぜひ試してみてください

-対異性
-,

© 2022 オトコのルール。