対異性

フェチがあることを恥じらう必要はない。むしろ誇りに思うべきだ。

 

あなたにはフェチがありますか?

 

指先、キリッとした二重、しまったくびれ、筋の入った上腕二頭筋、長い髪を結んだうなじ、整えられた濃いめの髭

逆に全身脱毛、など

人によってフェチは様々ですが、フェチ=エロと捉える人は多いと思います

けれど私はフェチってとても素敵なことだし、私のフェチポイントがたくさんある人ほど、あぁ、この人魅力的だなぁって感じるし

またフェチがあるからこそ、そのままでいいというか、外観をいじらないで欲しい

イメチェンなんかしなくていいんじゃない?って人もいます

私はフェチを隠していた過去と、オープンにしている今では、断然今の方が生きやすくなっているので、この記事を読み終えたタイミングでオープンになって、楽になってくれたらいいなと思います

 

まず、フェチがあることは恥じらいではない。

好みのタイプというのは、あなたのフェチがフィットしていることを示しています

笑顔が素敵とか、単純に笑顔という大枠でくくらず、笑顔のどういった部分が素敵なのかフォーカスしてみるとわかります

例えば、

普段はキリッとした顔つきなのに、笑った時に目がくしゃっと潰れることでかわいさを感じる

あまり口を開く人ではないのに、笑顔のときに見える八重歯にうっとりしてしまう

このように、笑顔ひとつでもどこかにポイントがあるはずです

考え方ひとつでフェチって恥じらうことでもないし、響きがエロい感じなだけで、むしろあるのが普通じゃないでしょうか

 

自分はフェチがありすぎる。でも当然だと思っている。

さて私のフェチですが、フェチなのかどうか疑問に思うほどたくさんあります

パーツで言うと、

うなじ、えくぼ、シワ、口、鼻、目、腕、指、お腹、お尻、太もも、足の指

といった感じで、ほぼ全身。

どれを取っても困るほどキュンとするパーツです。

これらのパーツに対し私の条件がマッチすることで、完全なる「フェチ」と化します

想像力がかき立てられますね

 

フェチはこだわり。人種、年齢、動作、場面などキリがない。

フェチはパーツという「土台」に、条件という「装飾」を加えたもの

例えば日本人ではなくロシア人とか、

30〜35歳ぐらいの年齢だとか、

足を交差している時の真横からの姿限定とか、

条件が細分化され、自分にしかない条件がそのパーツにフィットしたタイミング

脳と体が反応するものこそがフェチというもの

反対にそれ以外はただの好みで、それほどこだわったものではない、ということがわかります

だから「これだ!」と感じる瞬間はフェチだし、そんな自分を大事にすべきです

 

自分へ正直に、フェチをオープン化すると、その人の魅力が1,000倍増す。好きな人なら10,000倍。

まるで孫悟空の界王拳みたいな表現ですが、これって本当のことで

フェチがその人の良いところ見つけてくれるから、それを伝えることで相手が喜ぶ確率が高まるのです

たくさんのフェチを持っていれば、相手のことをよく見るようになるし、「あ、それ好き」って思わず口から溢れてくることもあって

いやらしさがないと言うか、ごく自然に伝えられるようになります

ただしエロの方向になると、単なるキモい人と捉えられてしまいますので、シチュエーションを踏まえた上で、言葉を選んで伝えるようにしましょう

 

まとめ

エロいフェチもありますが、簡単にエロのくくりで終わらせてしまうのは勿体無いので、「なんでこれに惹かれるんだろう」と自分を探ってみてください

私は手に関しては、指が細いからなのか、マニキュアの色がベージュだからなのか、自然な爪ではないからなのか、などと、じっと考えたことがあります

結局のところ、それらひとつひとつが私にとって好きなポイントで、組み合わせの条件は手だけに限らず、その人のもっているオーラみたいなものが含まれていたから

それに気づいた時は嬉しかったですね

1人で考えても良いですし、フェチってすごく深いことなので、誰かととことん話し合ってみるのもアリです

フェチを共有することも、すごく楽しいですよ

-対異性
-, ,

© 2022 オトコのルール。