対異性

レディーファーストは男の基本。できない人の9つの特徴

レディーファーストができない、そんなことはしないという男は、世の中にたくさんいるものだ

付き合いが長く親しい関係であれば尚更、その人を女性として扱わなくなり、他の女性に対してはサービスをする「相手を選ぶ男」も多い

だが人を選ぶだけ十分マシ

そもそもレディーファーストなんてする気持ちすらない、「一体お前何様なんだ?」という男もいる

ここではそんな『レディーファーストができない男の特徴』をまとめている

次に挙げる9つの中に、あなたが1つも当てはまらないことを心から願う

 

気配りや気遣いがない

普段から気配りや気遣いのできない人は、女性に対しても同じ

反対に女性の前でしかしない、人を選んで行うような男は、都合の良いにわかジェントルマンだ

気配りや気遣いのできない人は、プライドが高かったり、年功序列という古い考えだったり、行動力の無い人に多く見受けられる

大したことじゃないと思っていても、これらは優しさの表れで、その仕草に女性は敏感に反応しているものだ

▷果たしてそれは正しいのか?にわかジェントルマンがやりがちな行為

気配りや気遣いのできない男は、場の空気が読めなかったり、観察力が欠けている人。上から目線にも要注意。

自分が大好き

あなたは自分がナルシストだと感じたことは無いだろうか?

しょっちゅう鏡を見たり、自分の話ばかりしていたり、誰かを気にかけてる時に「おれいいやつじゃん」と内心思っていたり

自分のことが大好きな人は、側から見ると空回りしているもので、当の本人はそのことに気付いていないのがマジで痛い

簡単に言うとただの「めんどくさい男」なので、男は勿論、女性からも煙たがられて当前なのだ

自分大好きのナルシストと、自分に自信がある人というのは全く別。前者は自分に甘く、後者は自分に厳しい。

 

視野が狭い、周りを見ない

人の意見を聞かず、また人の気持ちを汲めない男は、視野も心も狭い悲しい人間だ

また話を聞いても、結局自分の意見を押し付ける、「自分が大好き」な男でもある

普段はそんな雰囲気を見せないのに、人前に立つと変わるこの性格はとてもやっかい

自分を大きく見せたがる「我の強さ表れ」で、結局のところ人の意見などどうでもいいのだ

細かい部分に気付いたら、余計なアピールをせず自然と行動に移していれば、女性の株もごく自然に上がることだろう

よく見ていても本質を見抜けていないなら、視野が狭いのとなんら変わりない。

 

優柔不断である

女性の意見に合わせるのは、優しさの1つかもしれない

でも常にそうだと、女性にとっちゃただ困るだけ

優柔不断で、頼りない男性としか見られなくなる

選択を迫られた時に「どっちでもいいよ」と答えるのは、聞く耳を持たず、相手のことを考えていない証拠

例えピンチが訪れても何もしない、いざという時に何もできない、ほんと頼りない奴になってしまう

優しくて思いやりのある人だとしても、そこに優柔不断さがあるようなら、ただの良い人として終わってしまうものだ

積極的で責任を持って決断できる人なら問題はない。人の顔色ばかり伺っているのはかなり危険だ。

 

計画性がない

思いつきや勢いで物事を決めていくスピードも大事だが、計画性を持って行動することも大事

特にお金が動くイベント事は、しっかり練って計画する必要がある

例えば彼女とどこかへ出かけるにしても、宿泊するホテルを決めて終わりではない

何時の電車に乗って、初日はどこを回って、お土産はここで買うなどと、それぞれの目的に沿った計画をしなければならない

計画することが好きな女性でも、車の運転はできない、荷造りが下手という苦手な分野もある

そういった所をサポートする為にも、一緒に計画を立てて、事前の準備を楽しむことだ

楽しくないからと、勢いで外へ飛び出した人はたくさんいるが、その多くは失敗を重ねている。なぜならみんな無計画だからだ。

 

とにかくケチ

ケチな男は同性も、女性からも嫌われやすい

1円単位まで割り勘にする男、食事は安い店ばかり選ぶ男、歳上なのにおごらない男

そのくせ自分には甘く、おごってもらう時はホイホイ付いて行き、貰えるものは全て貰う、がめつい男だったら最低だ

ケチな男は、自分が損をしないかどうかを軸に、何でも損得勘定で物事を考える

自分の手から離れていくお金にはシビアで、人のお金はどうでもいいのだ

「この人といたらお金を奪われてしまう・・」

女性をこのような気持ちにさせるやつが、ジェントルマンな訳がない

お金に細かい人とケチな人を決して一緒にしないこと。

 

優しさがない

男が優しいなんて当たり前だ

ただ何でもかんでも優しく接すれば良いという問題ではない

出来ないことは出来ない、嫌いなものは嫌いと言える、自分の意思を持った上で優しく接することができるかどうか、ここがポイントだ

いわゆる良い人というものは、表面的に優しいだけで、人から嫌われることを恐れていたり、本当の自分をさらけ出すことができない人のこと

「この人何を考えているんだろう?」「なぜこんなに優しくしてくれるんだろう?」と、女性を謎めかせるよな行為は、優しい男でもなんでもないのだ

時には厳しく怒ることができる人には、思いやりという愛がある

そんな人は本物の優しさを持っている

単なる優しさなんてその人をダメにしかしない。そして自分に厳しい人ほど深い愛情を持っている。

 

今どき亭主関白

今の時代、亭主関白なんていないと思うかもしれない

でも実は形が変わっているだけで、その資質を持った男はたくさんいる

例えば亭主関白な男は、自分の考えは間違っていない、おれの方が立場は上だと人を見下したり、とても頑固な頭をしている

「そんなことは言っていない!」とか、「言ったけどなに?」と、発言が本末転倒だったり天邪鬼になったりして、側にいる人のストレスはとんでもないレベルだ

譲れない所は誰にでもある

でもそれをムキになって怒るようでは、一緒にいたくないと思う方が正しい

「別の誰かにも同じような態度をする人かもしれない・・」

こんなの危険極まりない、手のかかる人の側にいて何の得になるだろうか

▷この人ウザい!ほんとうっとうしい!器が小さい、懐が狭い男の特徴

歳上の意見を重んじるのと鵜呑みにして真似るのは違う。頑固な人は過去にすがり、今を見ることがなかなかできない。

-対異性

© 2022 オトコのルール。