副業・ブログ

30代におすすめする/しない副業。未経験・在宅・外出勤務ならこれです

この記事のお悩み

  • 35歳で副業…何をすればいいの?
  • 副業ってなんか怪しい仕事に感じる。
  • 残業が減ったから家族との時間を大切にしつつ働きたい。

このように、副業をしたくても何をすれば良いか、何から手をつければ良いかと悩んではいませんか?

実は、自分のスキルや得意分野を、稼ぐ場所さえ見つければ簡単に副業は始められます。

私も30手前で始めた英語をブログで活かしたら、半年もかからずに月に1万稼げるようになりました。つまり、趣味が副業に、お金となったのです。

もしもあなたが何か副業をしたい、お金を稼ぎたいと望んでいるのなら、ここでおすすめする副業と、反対におすすめしない副業を見て欲しいです。

何か副業をするきっかけと、あなたにできる仕事が見つかると思います。

30代におすすめしない副業

あなたが30代であれば、できればやらない方が良い、おすすめしない副業があります。

なぜなら、

  • 体力的な問題
  • 時間配分
  • 社会的地位

があるからです。

これらに総合的に影響しているのは「年齢」で、相応の仕事を選ぶ必要があります。

年齢を度外視して「とりあえず稼げる」適当な仕事を副業にすると、「あぁ、ちゃんと考えて働けばよかったな」と後々後悔することになります。

だからこそ、ここでおすすめしない副業を選択しないようにしましょう。

30代におすすめしない副業

  1. 時間労働のアルバイトや派遣
  2. ハイリスクハイリターンのせどりや転売
  3. SNSの安易な勧誘

時間労働のアルバイトや派遣

30過ぎて仕事とアルバイトを掛け持ちするのはやめましょう。

アルバイトはスキルが身に付かない上、朝晩、土日を使って働くのは体力的にも辛いです。

私は若い頃、仕事とバイトを掛け持ちしたことがありますが、まともに休める日は月に2、3日しかなく、遊ぶことすらままならない生活を送っていました。

周りよりお金は持っていましたが、「辞めてしまえば何も残らない」と、その時の収入は一過性であることに気付いたのです。

アルバイトは時間も労力も使うので、30代には向いていない副業ですよ。

ハイリスクハイリターンのせどり、転売

せどりとは、相場より安く物を仕入れて売る「転売」のことです。

商品はお店やフリマアプリから仕入れるのですが、値引き交渉をしたり、遠方まで足を運んだりするので、中々骨の折れる作業が多いところが難点。

仕入れコストから販売に至るまでの手数料を計算したり、売れるものの見分けや、在庫過多にならないよう考える事は多々あります。

せどりに必要な知識具体例
商品の相場オーブンレンジ¥20,000
情報収集芸能人がおすすめしている。電気屋でセールで売られている
仕入れコスト予算¥12,000まで
仕入れ数5個まで
販売手数料販路販売手数料¥1,000、配送費¥1,000
見込み利益(利益額)¥20,000〜¥10,000
在庫負担可能日数(資金繰り可能な日数)3ヶ月

そもそも安く仕入れられるものは、同じ時に至るところで安く売られていて、同じものを仕入れている「せどらー」たる者がたくさんいます。

だから、いかに早く仕入れて早く販売できるかが肝となるため、頭も体も休む暇はありません。

せどり=悪いイメージではありますが、問屋を介して小売に卸すのと形は同じで、仕入れ先を固定させたり、外注で機能させればきちんとしたビジネスにはなります。

しかし、それまでの道のりは長いので、土台ができるまで1,2年の覚悟が必要です。

SNSの勧誘

最後に、SNS上で飛び交う美味しい情報にはのらないこと。

「初月で10万稼げます!」「借金を全て返済しました!」など、簡単にお金を稼げそうなことを言い、高い情報商材を売りつける人がいます。

この場合、同じ商材を不特定多数の人にばら撒いているので、物理的にみんな稼ぐことは難しいし、Twitterなど匿名アカウントは突如消えるので、トラブルが生じた時の保証が無く危険です。

そもそも簡単に10万稼いだり、積み重ねた借金をあっさり返せると思いますか?

例えば投資の場合、10万稼ぐためには少なくとも100万の投資資金が必要です。資金が少ない場合、レバレッジをかけて投じることはできますが、その分負けた時のリスクは大きい。

儲かる確率はイーブンだし、投資でも100万程度の資金では10万増やすことは大変です。

SNSを使って人の弱みにつけ込む方も問題ではありますが、そもそも社会経験のある人が楽して稼ごうとしてはいけません。

30代におすすめする副業

では30代の人にはどのような副業がおすすめなのかご紹介します。

既にお伝えした通り、年齢に対する体力的な問題、仕事と生活の時間配分、社会的地位を踏まえた上で、できる副業を絞っています。

おすすめしない副業もそうですが、こちらも私の経験、体験を加えているので、参考になるかと思います。

副業がうまく走り出したら、本業と副業の両立を目指していきましょう。

30代におすすめする副業

  1. 体験モニター
  2. ライター、エンジニア
  3. アフィリエイト
  4. 営業代行
  5. 隙間バイト
  6. デザイン、スキル販売

体験モニター

体験モニターとは、飲食・美容・通販・ショッピングなど色々なジャンルのモニターです。

お店に行ったり、企業のサンプル、製品を実際に使用してみた感想を、販売会社とユーザーに伝えるお仕事。

例えば、サプリメントなど「開発中の製品」や、「すでに販売されている製品」の安全性や有効性を確認するためのテストを行います。

また臨床試験を専門とするチヨダモニターは、「試験管内の実験」→「細胞」→「動物」と安全性を高めた試験(前臨床試験)の後、人を対象とした試験モニターを行います。

テレワークで在宅時間多い人、ご飯を食べに行くのが好きな人は、時間をうまく活用し、在宅や覆面調査などのモニターを多く扱うファンくるがおすすめ。

ちなみに私は一気に謝礼をもらいたかったので、仕事の合間に座談会に参加していました。座談会は先にアンケートに答えて条件の合う人のみ参加できるもので、1回で1万とかもらえます。

座談会はマクロミルがよく実施していますよ。

 

在宅でできるファンくるを見てみる

 

座談会のあるマクロミルを見てみる

 

ライター、エンジニア

ライターは、大手企業、ウェブメディア、ブログなどのライティングを行います。

特化サイトや、ファッション、不動産、海外のサイト記事など様々で、アニメや漫画、ゲームの深読み記事を書くなど、稀に特殊なものも多数あります。

代表的なサイトはクラウドワークスで、文字単価の相場は1円〜が主流なので、3,000文字、5,000文字と書けば月に2,3万は稼げます。

続いてエンジニアのお仕事ですが、HP制作、Webデザイン、YouTube動画編集、アプリ開発などがあります。

ウェブはLP(ランディングページ)とか、サイト速度を上げるなど、知識のある人にとっては簡単なものも多くて、その割に単価が高い印象です。

バナー等コンテンツのデザイン制作の案件も豊富で、AdobeのIllustrator、Photoshopが使える人もウェブ系の仕事は十分あります。

また、今のお仕事の経験やスキルをフルで活かすなら、企業とのマッチングを行う高単価案件のWorkAnyがおすすめです。

 

ライター、エンジニア系のクラウドワークスを見てみる

 

高単価案件のWorkAnyを見てみる

 

アフィリエイト

アフィリエイトは、サイトやブログに商品やサービスを紹介して広告収入を得るサービスです。

自分で商品を購入したりサービスを受けることでキャッシュバックのある広告もあります。

また、副業でライターの経験を積む事で、自らサイトを運営しアフィリエイトで稼ぐことができます。

日本のASPで代表的なA8.netは、会員登録をすると無料でブログを作成することができるので初心者にはおすすめです。

A8.netを見てみる

また、ブログでアフィリエイトで収入を得るには、次の4つのステップを踏んでいきます。

  • step.1

    サイト運営の知識を得る

  • step.2

    専門性のある記事を書く

  • step.3

    広告主との提携する

  • step.4

  • サービスを紹介する

広告主と提携する上で大事なのは、広告主のサービスとサイト内容の関連性や、サイト訪問者に適切な情報を提供しているか?といった点です。

畑違いな広告を貼っても訪問者は「?」と感じてしまうので、サイトに見合ったサービスを提供するようにしましょう。

ちなみにアフィリエイトの広告主の多さなら、A8.netの次にもしもアフィリエイトが豊富です。

 

もしもアフィリエイトを見てみる

 

営業代行

営業代行とは、クライアントの商材を代わりに販売するサービス。

ネット販売や小売店に営業をかけるほか、集客してコンサルを行ったり、メールやSNSを活用した方法もあります。

また、テキストをコピペしてメールするだけとか、Twitterや Instagramを使ってフォロワーに販売するなど、営業が苦手な人でもできそうな案件もあります。

実際にクラウドワークスにあった案件は次の通り。

  • SES
  • コンサルティング契約
  • インサイドセールス(非対面の営業)
  • アパレル商品
  • 結婚相談所の集客

現職の商品と抱き合わせで販売することもOKだったりするので、スキルが活かせる案件をおすすめします。

 

クラウドワークスを見てみる

 

隙間バイト

アルバイトの場合、「週に◯日」「◯時〜◯時まで」と出勤の日時が固定され、給与を貰えるのはひと月後ですよね。

しかし、隙間バイトの場合はクライアントが指定する日時、曜日が決まっていて、即払いや前払いが可能なのです。

または「1.5時間だけ」「半日のみ」といった案件もあり、仕事前や休日の暇な時間にサクッとお金を稼ぐことができちゃいます。

隙間バイトのシェアフルの場合、履歴書不要・面接なしで、アプリで応募したあと、採用通知が届いたら当日就業先に行くだけと、かなりシンプルです。

休みの日や仕事の後に少しだけ副業をしたい人におすすめで、他の副業をするまでの繋ぎにもなります。

 

隙間時間に働けるシェアフルを見てみる

 

デザイン、スキル販売

ココナラでは、自分でデザインを販売したり、そのスキル自体の知識を売ることができます。

  • ブランドのパッケージロゴ
  • モデリングやレタッチ
  • チラシ
  • ショップカード

このようなデザインサンプルを出品し、それをもとにクライアントからの依頼が来る流れです。

これまでにデザインで何か賞を獲っているのであれば、そのスキルを売りにして仕事を得ることができます。

デザインと言っても、テキスタイルからCGまで幅広く、自分で単価を決めて販売できるメリットがあります。

最近は、漫画やアニメのコンテンツがビジネスとして評価されるようになり、漫画のウェブ広告、Vtubeアニメの仕事などが人気です。

 

デザインが売れるココナラを見てみる

 

 

30代におすすめする/しない副業のまとめ

これまでお伝えしたとおり、30代が副業をするにあたって、年齢に対する体力的な問題や仕事と生活の時間配分、社会的地位を考えた上ではじめることをおすすめします。

まず30代におすすめしない副業は次の3つ。

30代におすすめしない副業

  1. 時間労働のアルバイトや派遣
  2. ハイリスクハイリターンのせどりや転売
  3. SNSの安易な勧誘

そして30代におすすめする副業は次の6つです。

30代におすすめする副業

  1. 体験モニター【ファンくるマクロミルを見てみる】
  2. ライター、エンジニア【クラウドワークスWorkAnyを見てみる】
  3. アフィリエイト【A8.netもしもアフィリエイトを見てみる】
  4. 営業代行【クラウドワークスを見てみる】
  5. 隙間バイト【シェアフルを見てみる】
  6. デザイン、スキル販売【ココナラを見てみる】

個人的にはライターやエンジニアのお仕事がスキルアップに繋がり、営業代行は持っているスキルを活かせるのでおすすめします。

アルバイトやせどりなど、体力勝負の仕事は20代までにして、頭を使ったり人を動かす仕事を副業にすると良いですよ。

-副業・ブログ
-, ,

© 2022 オトコのルール。